P七つの大罪2【パチンコ新台・2022年11月】【スペック解析】

【新台】2022年11月

こんにちは、ヒデです。

今回は、

「P七つの大罪2」

のスペック解析を行います。

基本スペック

機種・メーカー P七つの大罪2・サミー
導入日 2022/11/07
機種タイプ 1種2種混合機
初当たり確率 1/319.7
Rush突入率 77.7%
Rush時大当たり確率 1/8.82(残保留時、1/4.18)
ラウンド数  3R or 10R
賞球数 1&4&5&15
時短回数 0 or 3回 or 7回 or 777回(残保留4回)
継続率 約77%
その他 遊タイムなし

(https://www.sammy.co.jp/japanese/product/pachinko/nan_ta2/spec.html)

2022年11月にサミーから「七つの大罪」のアニメの「P七つの大罪2」が1種2種混合機で登場します。

初あたり確率は1/319.7のミドルタイプで、RUSHには77.7%で突入します。RUSH中の大当たり確率は1/8.82で当たりは全て10Rの出玉1500個(獲得玉1400個)になっています。

この台の見所は残保留の引き戻し率で、約66.5%となっています(自分調べ)。これは大当たりと同時にc時短が約1/8で抽選されておりc時短の確率とRUSHの大当たり確率の合算が1/4.18となっているので、残保留での引き戻し率が高い確率で実現可能になっています。

c時短で引き戻した時、出玉はなく時短が3回+残保留4回がもらえます。

平均継続回数と出玉

ここから独自でシミュレーションを行った結果を載せていきます。
シミュレーション回数は初あたり後の右打ちを100万回試行し、Rというプログラムで結果を算出しています。

平均継続回数(連チャン)

まずは大当たりの平均継続回数です。

度数分布表と呼ばれる「10回継続大当たりが~%」というのを記載した表
最大出玉や平均出玉をまとめた表

をまとめています。

※今回はc時短も1回の大当たりとしてカウントしています。

大当たりの継続回数 度数(何%)
1回 44.35%(443499回)
2~3回 15.66%(156558回)
4~5回 10.99%(109891回)
6~10回 15.97%(159694回)
11~20回 10.40%(103967回)
21~回 2.64%(26391回)
指標
大当たりの平均継続 4.73回
大当たりのばらつき(標準偏差) 5.73
中央値 2回
最大継続回数 84回

 

ヒデ
ヒデ

 大当たりの平均継続回数は4.73回でした。

ばらつきは5.73、中央値は2回で最大継続回数は84回となっています。最大継続回数については84回とかなり継続されていて、どれだけc時短で引き戻せるのかで出玉が相当変わる台だと考えられます。

平均出玉(獲得玉)

次に出玉の主要な指標の表です。

指標
平均獲得玉 約4532.07玉
最大獲得玉 99820玉
中央値 1820玉
人工知能
人工知能

平均獲得玉は約4532玉となりました。

中央値は1820玉で、最大獲得玉は99820玉と約10万発も取れる結果になりました。

トータル確率・ボーダー

トータル確率(連チャンをばらした大当たり1回分):

また、ボーダーは以下のようになりました。

換金率|時給 ボーダー -1000 +1000 +3000
4円 17.64 16.21 19.34 23.98
3.03円(33玉) 23.28 20.85 26.35 35.77
3.57円(28玉) 19.76 17.98 21.93 28.08
3.70円(27玉) 19.07 17.41 21.07 26.70

まとめ

今回は、

「P七つの大罪2」

のスペック解析をしました。

アース法律事務所
0 0 votes
記事評価
コメントの通知/購読設定
受け取る通知
guest

CAPTCHA


0 コメント
インラインフィードバック
全てのコメントを見る
タイトルとURLをコピーしました